大垣市は育児や子供の医療補助に力を入れている自治体です

大垣市は大垣駅から東海道線で岐阜駅に15分名古屋まで30分で行けますし、日帰りで京都や大阪・神戸に遊びに行ける便利な都市になります。

 

大垣市内には複数の整備された公園があってリラックス出来る癒しの場所がありますが、一方大きなショッピンングモールもあるので生活に便利になっています。
そして大垣駅の近くには緊急病院でもある大垣中央病院やその他多くの病院があるので、イザという時にも安心して暮らす事が出来ます。

 

保育や教育関係では、保育園の数が岐阜県の平均に比べて3倍あり、幼稚園では岐阜県の平均に対して5倍の施設があるので、待機児童は一人もいません。
そして大垣市内に小学校は22校、中学校で10校、高校で8校あって、岐阜県の平均校数の2~4倍で岐阜市に次ぐ充実した学校数になるので、通学にも便利になっています。

 

育児では出産祝い金があり、第3子以降出産した場合に、2017年4月1日~10月31日までは大垣市プレミアム付商品券を一人当たりで12万円分支給され、2017年11月以降は10万円の現金が支給されます。
そして、乳幼児から18歳3月末までの子供の医療費を所得に関係なく助成がされていて、通院・入院ともに自己負担がありません。

 

医療助成を受けるには子供が生まれてから30日以内に申請を行うか、転入して14日以内に申請を行うことで医療費受給者証が交付されるので、子供が医療機関を利用した場合に、医療費受給者証を提示することで子供の医療助成を受けることが出来ます。

 

家賃は県庁所在地である岐阜市の岐阜駅周辺で1LDKが5万円~6万円であるのに対して、大垣駅周辺の1LDKの家賃は4万円~5万円くらいなので比較的安い家賃で暮らす事が出来ます。